ホーム > ペン先事業 > 合成繊維ペン先の特長 > 合成繊維ペン先 製品紹介

フェルトペン先の特長
合成繊維ペン先の特長
プラスチックペン先の特長
異分野向け応用製品
ペン先技術情報

ここから本文です。

合成繊維ペン先 製品紹介

アクリル繊維

AE743C
みんなが使っている、これぞ油性マーカーの芯です。フローが良く耐久性にも優れています。

BAE531S
もうひとつの油性マーカー芯。少しソフトタッチです。

BAE641S
太い線幅で筆記することができる形状で、耐久性もバツグンです。

BAN543R65
より太い線幅で筆記可能です。安定したフローで世界のスタンダードです。

CA-726A
細書きマーカー用で、どんなインクでも使用可能で、一定の線幅を長期間持続します。

CD-421J
顔料インクなど粒子の大きいインクにも対応。フローがバツグンです。

CE470C
世界中のホワイトボード用に使用され、どんなインクにも適応します。

CM-147K
ペイントマーカーに最適です。崩れにくく安定した線幅を保ちます。

GP547C-SY
ペイントマーカーの定番品です。粒子が大きくても溶剤系でも問題なしで形状だってお好み次第。

MP447C-S
より大きな粒子、粘度の高いインク用に開発しました。これで解決!

ページの先頭へ戻る

ポリエステル繊維

EB-040F
水性顔料など発色性の良いインクをそのまま紙に筆記できる芯です。

EF-115F
中継芯用のポリエステルです。インクタンクと先端部分を中継するのもポリエステルの得意技です。

EMS-040N
蛍光ペンにはソフトな筆感が大事。どんな形状でも加工できます。

EK-243K
今やインクも直液、ゲル状、高粘度と多岐に渡っています。EKタイプは世界のスタンダードです。

EL-243K
EKタイプに比べ、ソフト感があり、スムーズな筆感が得られ、顔料や高pHに対応した耐溶剤性をアップしたタイプです。

EK-139N-W
中はポリエステル、外はポリアセタール。こんなこともできます。

EK-330K
カラーペンには、色がそのまま見えるポリエステルを推薦します。

EH-443K
ポリエステルの中でバツグンの耐久性。高フローも魅力です。

ET-045PN
ポリエステルでもアクリルに負けない耐溶剤性を有しています。油性やアルコールマーカーなど用途は色々。

TC-048K
ポリエステルの高粘度マーカー用。よりインクを出すのがTCタイプの使命です。

EH-232K
EFタイプの耐溶剤性をアップしたタイプです。耐溶剤性ウレタン樹脂を使用して、インキに含まれる溶剤による膨潤率を低下させます。

ページの先頭へ戻る

ナイロン繊維

NRC-132P
多孔質で、大きな顔料粒子を通すことが容易なタイプで、主に、コスメティック用として使用されています。

NRL-1153PN
より細いアイライナー用のご要望にお応えして開発しました。

NR-221K
アイライナーよりは腰のあるタイプ。筆ペンに最適です。

NY-5W
ナイロンのハードタッチの代表です。世界の定番にもなっています。