ホーム > ペン先事業 > ペン先技術情報 > 成形技術

フェルトペン先の特長
合成繊維ペン先の特長
プラスチックペン先の特長
異分野向け応用製品
ペン先技術情報

ここから本文です。

成形技術

1.含浸・圧縮成形技術

マット状の繊維に、樹脂を含浸・圧縮成形し、方向性のない繊維と樹脂とのマト リックスを形成。多孔質繊維体を製造する技術。

(当社の応用例:フェルトペン先)

フェルトペン先表面の拡大写真

2.引抜成形技術

集束された繊維に、樹脂を含浸し、引抜成形することで、 方向性のある繊維と樹脂とのマトリックスを形成。
多孔質繊維体を製造する技術。

(当社の応用例:合繊ペン先)

合成繊維ペン先中央部の拡大写真

3.押出成形技術

エンジニアリングプラスチックを押出成形し、内部に微細に管理された通路を残す技術。

(当社の応用例:プラスチックペン先)

プラスチックペン先端部の拡大写真

新分野事業