ホーム > ペン先事業 > ペン先技術情報 > PEEKチューブ

フェルトペン先の特長
合成繊維ペン先の特長
プラスチックペン先の特長
異分野向け応用製品
ペン先技術情報

ここから本文です。

PEEKチューブ

PEEKチューブとは

物理的、化学的性質に優れた熱可塑性プラスチックであるPEEK(ポリエーテルエーテルケトン)樹脂で作られたチューブです。

PEEK樹脂の特性

  • 高温下での連続使用が可能
    連続使用温度240度/融点 343度
  • 熱水中、スチーム中でも連続使用が可能
  • 優れた耐疲労特性を有する
  • 優れた耐衝撃性を有する
  • ポリイミド並みの優れた耐摩耗性を有する
  • 高温時の耐酸、耐アルカリに優れる
  • 濃硫酸以外の薬品には溶解しない
  • アウトガス、金属イオンの溶出が少ない
ポイント!当社PEEKチューブ
  • 上記に示すようにPEEK樹脂は非常に優れた特性を有するスーパーエンプラとも呼ばれる熱可塑性樹脂ですが、押出成形にて安定したチューブを成形するには非常に高い技術力が必要となります。
    通常のエンプラ材料に比べ成形温度が高く押出も安定し難い材料である為、特殊な仕様の押出機・スクリュー等を使用する事で安定成形を図っています。
  • 当社ではペン先製造で培ったチューブ押出技術により、下記に示す様々なPEEK樹脂製異形チューブの成形が可能となりました。
    単純丸孔チューブのみならず2つ孔チューブ、異形チューブ(内側突起だけでなく、外側突起形状)の成形が可能です。

チューブ製品紹介

異形PEEKチューブ拡大横断面写真

左記横断面PEEKチューブの外観写真

 

PEEKチューブ仕様

  チューブ外径 チューブ内径
成形可能最小径 ø0.40mm ø0.30mm
成形可能最大径 ø2.90mm ø2.50mm

上記範囲のサイズであれば試作対応可能です。上記以外のサイズであってもご要望サイズでの試作トライを検討させて頂きたいと思います。定尺カットや長尺品の生産対応や小ロット生産対応も可能です。

※現在、医療用途での製品実績があり、分析機器等その他の分野への展開を検討中です。

新分野事業