ホーム > ペン先事業 > ペン先技術情報 > チューブ

フェルトペン先の特長
合成繊維ペン先の特長
プラスチックペン先の特長
異分野向け応用製品
ペン先技術情報

ここから本文です。

チューブ

プラスチックペン先製造の基となる押出成形技術の応用で各種の異形チューブの製作が可能です。代表例を下の表にあげました。極細、薄肉を得意としています。
また、優れた特性を持つPEEK樹脂の成形も生産実績があります。

  通称 特長   実績寸法
(下限) (上限)
ポリアセタール POM 耐薬品・耐磨耗 外径 ø0.2 ø2.30
内径 ø0.04 ø1.60
ポリエステルエラストマー TPEE ゴム的性質 外径 ø3.8 ø4.1
内径 ø3.25 ø3.4
ポリウレタンエラストマー TPU ゴム的性質・耐磨耗 外径 ø1.3 ※ø2.0
内径 ø0.25 ※ø1.0
ポリエーテルエーテルケトン PEEK 高耐熱・耐薬品・耐磨耗 外径 ø0.42 ø2.9
内径 ø0.30 ø2.5
ポリプロピレン PP 耐薬品 外径 ø1.0 ※ø1.4
内径 ø0.2 ※ø0.7
フッ化ビニリデン PVDF 耐熱・耐薬品・耐磨耗 外径 ø0.3 ø2.7
内径 ø0.2 ø2.30

表以外のサイズであっても御要望サイズでの試作トライを検討させて頂きたいと思います。
定尺カットや長尺品の生産対応や小ロット生産対応も可能です。
*現在、医療用途での製品実績があり、分析機器等その他の分野への展開を検討中です。

実績寸法の※印は未試作。十分可能性のある推測値。

新分野事業