JAPANESE  |  ENGLISH  |  CHINESE

タッチペン先、スタイラスペン先

タッチペン・スタイラスペンも
「書き味」
にこだわる時代へ

テイボーのタッチペン・スタイラスペンのペン先は、合繊繊維ペン先と押出成形によるプラスチックペン先の2種類で製作されます。
これらは、まさにマーカーのペン先技術を応用して製作されるもので、紙に書く感覚に近い筆感をタブレットでも再現する事が可能です。

 

合成繊維ペン先


  • 合成繊維ペン先は、筆記先端に空隙を持つことで、適度な硬さと繊維ならではの筆感を得られます。

 

 

筆感のコントロール方法

繊維の材質・太さ・量やバインダーの種類・量の変更により、お客様の希望にあう筆感を設計します。

① 繊維の種類

ポリエステル繊維、ナイロン繊維、アクリル繊維があり、要求品質によって使い分けをしています。

ポリエステル繊維
特徴: ソフトからハードまで、筆感のバリエーションに幅広く対応。
対応外径: φ1.0mm~φ10.0mm
ナイロン繊維
特徴: 弾力のある筆感を得ることが可能。
弾力を生かし、筆のようなペン先も製作可能。
対応外径: φ1.0mm~φ8.0mm
アクリル繊維
特徴: 硬い筆感を得る事が可能。
対応外径: φ2.0mm~φ10.0mm

② 空隙の設計

繊維量やバインダーの量を精密にコントロールし、空隙の大きさを設計することで、筆感の硬さをコントロールします。

導電加工

導電性が必要なスタイラスペンにも対応します。テイボー独自の導電処理加工技術は、低い電気抵抗値、最適な筆感を実現しています。

 

プラスチックペン先


  • プラスチックペン先は、微細押出成形技術によって、ペン芯内部に空間を持つことが特徴です。
  • この空間の成形は、マーカーのインク流路を成形する技術の応用で、テイボー特有の技術です。

 

 

筆感のコントロール方法

筆感のコントロールは、プラスチック素材の種類と押出成形で形成される多彩な空間パターンで自由に設計できます。

① 素材の種類

ポリアセタール(POM)とポリエステルエラストマーがあり、素材の特徴によって使い分けをしています。

ポリアセタール(POM)芯
特徴: 高い耐久性を持つ素材。
硬い材質ですが、空間パターンを付与することで、タッチをソフトに調整しています。
対応外径: φ0.4mm~φ3.0mm
ポリエステルエラストマー芯
特徴: 柔軟性があり、筆記時の適度な抵抗感を生み、文字書きに最適な筆感が得られます。
更に、空間パターンを付与することで最適な筆感を生み出します。
対応外径: φ0.9mm~φ3.0mm

② 空間パターンの設計

空間を広くすればソフトな筆感に、空間を狭くすればハードな筆感に、多彩な空間パターンであらゆる筆感をご提案します。

空間パターンは、30種類以上。ご要望に応じて最適な形状をご提案します。
また、必要に応じて専用設計し、新しい空間パターンも作成可能です。

導電性

プラスチック芯の外周に、導電性ポリアセタール(POM)を被覆することで、導電性が必要なスタイラスペンにも使用できます。

 

形状の種類


  • 形状は、研削によって加工します。お客様のご要望に応じ、さまざまな形状、寸法で製作可能です。
合繊繊維ペン先
プラスチックペン先
  • 砲弾形状から、幅広いライン筆記に適したチゼル形状、軟らかい素材を組み合わせれば筆形状も可能です。
  • 金具ホルダーに組み付けることも可能です。
  • 形状については、まずは図面提示等でご相談ください。

 

PAGETOP


Copyright © TEIBOW CO.,LTD All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.