求める社員像

常にチャレンジし続ける技術者でありたい技術本部 執行役員 小楠元信

常にチャレンジし続ける技術者でありたい

当社は、部材メーカーであり黒子に徹してきました。しかし、単に提案するだけにとどまらず、お客様にとっての最適解や、エンドユーザーにどれだけ満足して頂けるかを常に考え、部材メーカーとして責任とプライドを持って開発に取り組んでいます。私は、ひとりの技術者として世界中の人々にどんな貢献ができるかを考え、モノづくりをしています。
現在、筆記具用・コスメティック用のペン先世界トップシェアを獲得していますが、それはお客様と一緒に課題を解決してきた証です。当社の得意分野である「毛細管力を利用した技術力」は筆記分野に限らず、幅広く様々な分野に用途展開しており、勿論、環境対策にも力を入れています。これからも弊社の技術を必要としている様々な業界に積極的に提案し、社会に貢献し続けていきたいと考えています。

「帽子→ペン先」→ その後の未来!

2018年、当社の技術を集結し、更に技術開発を加速すべく都田技術センターに開発部門専門施設「NEXT」を建設しました。
現在の主力は筆記用具のペン先ですが、当社の技術力は筆記用具にとどまらず、コスメティック用品、スタイラスペン、医療品、金属部品(MIM)に拡大しています。今後は、今まで以上に様々な分野への展開を積極的に推進してまいります。
帽子で60年、ペン先で60年、次の60年を支える製品を、この「NEXT」で開発研究しています。
是非、一緒に新しい発想とアイデアで次世代に繋がる新しい商品開発に取り組んでみませんか?

「この会社で良かった!」と社員から言ってもらえる会社に

当社には、「明るく、楽しく、元気よく」というスローガンがあります。これは、常に前向きな気持ちをもって、良いと思うことは自分が先頭に立って素早く実行するという趣旨ですが、明るく、楽しい職場を目指し、「この会社に入って良かった!」と言ってもらえる風土づくりに気を配っています。技術開発はチャレンジの連続です。積極的に意見を出し、創意工夫しながら課題に取り組んでいかなければなりません。すべて最短距離で走ることはできないため失敗を経験することもありますが、失敗はとても重要な財産です。チャレンジした失敗は大歓迎です。チャレンジを続けていく中で社内はもとより「世界に求められる人財」となり「世界のトレンド」を共に創造していきましょう。

パッションを持ち続ける人
自ら考え行動できる人

技術者として成長していくためには、多くの経験を積み、失敗を経験することが極めて重要だと考えています。ペン先はとてもニッチな分野です。学生時代にペン先の研究開発に携わった学生に出会ったことはありません。化学や機械の知識は大変魅力的ですが、社会人になっても学び、課題解決のために情熱を持ち続け、自ら積極的に行動をすることで、より高い技術力を身につけることができると考えています。
パッションを持ち続け、自分で考えて行動できる人財を求めています。自分たちが世界のトレンドをつくっていくんだという気概のある人を育てていきます。固定概念にとらわれず、やりたいことに積極的に挑戦していく意欲のある人、大歓迎です。脳に汗をかくまで一緒に楽しみましょう!