Business

MIMの特長

金属部品を製造する方法として、従来は
1.切削加工
2.鍛造
3.精密鋳造
4.ダイキャスト
5.プレス焼結
が行われてきました。
MIMはこれらに次ぐまったく新しい加工方法です。

複雑形状 金属の複雑形状部品がほぼ最終形状(ニア・ネット・シェイプ)で実現できます。
形状設計自由度 横穴、横溝などの三次元構造が容易に実現。従来にはなかった形の部品や、複数の部品を組み合わせて使用していたものを一体化して設計することができます。
量産 プラスチック成形と同様な多数個取り、ロボット化などが可能で、大量生産に適しています。
精度 高品位の粉末を使用し、均質な密度とゆがみの少ない成形体が得られるため、高密度・高強度な製品になります。
難加工材 SUS、Ti、W合金等の難加工材のニア・ネット・シェイプ化により、加工工数の削減、商品の高付加価値化が可能になります。
コスト ニア・ネット・シェイプにより、後加工の省力化とコスト・ダウンが可能になります。

焼結体の寸法公差

⼨法公差の図

上記寸法公差より高精度が必要なもの、また追加処理として機械加工、熱処理、表面処理等必要な場合は別途ご相談させていただきます。

可能重量

可能重量の図

※密度95〜99%
※材質、条件により異なります。

MIMの特長イメージ

イメージ画像